EOCS/コンピュータソフトウェア倫理機構
オフィシャルウェブサイト

Welcome to Ethics Organization of Computer Software Offical Website!

HOME > お知らせ > 著作権侵害に関するニュース(新着情報)

新着情報

2016/08/01
Shareでゲーム等をアップロードした無職男性に罰金刑 (宮城県)
仙台簡易裁判所は、平成28年6月22日、著作権法違反(公衆送信権侵害)とわいせつ電磁的記録媒体陳列の疑いで、宮城県内在住の無職男性(32歳)に、50万円の罰金を科す略式命令を下し、同年7月7日に罰金刑が確定した。

この無職男性は、平成27年5月ごろ、ファイル共有ソフト「Share」を使い、当機構加盟会社様のゲーム作品を含む多数のファイルを、著作権者の許可を得ずに無断でアップロードしていた。また、無修正の動画等も確認され、わいせつ物として合わせて立件された。

宮城県の捜査員が、サイバーパトロールにより無職男性の違法アップロードを発見、約2,900ファイル確認された。加盟会社様11社が告訴、大和警察署が無職男性を取り調べのうえで、仙台地方検察庁へ送致していた。

■告訴会社
       株式会社ネクストン
       株式会社ホークアイ
       株式会社ビジュアルアーツ
       株式会社アステックトゥーワン
       株式会社日商総合企画
       株式会社エルフ     他5社

■鑑定実施・捜査協力・告訴協力
 一般社団法人コンピュータソフトウェア倫理機構 事務局業務部

◆ソフ倫事務局より
今回の違法者については、昨年の5月より宮城県警察本部生活環境課サイバー犯罪対策室と大和警察署様により、操作が進められていました。違法者は初犯でありながら、50万円の重い罰金が科せられたことは、大きな事件であったと考えられます。
この度、違法者に処分が下されたことを受け、みなさまへお知らせ致します。
2016/02/26
Shareでゲーム等をアップロードした無職男性を逮捕 (千葉県)
栃木警察本部生活環境課と真岡警察署は、平成28年2月19日までに、ファイル共有ソフトを使い、ゲームソフトなどを違法配信していた千葉県在住の無職B(男性・38歳)を、著作権法違反(公衆送信権の侵害)疑いで逮捕した。

 この無職Bは、ファイル共有ソフト「Share」(シェア)を使い、当機構加盟会社のゲームやアニメDVD作品を含む多数のファイルを、著作権者の許可を得ずに無断でアップロードし、不特定多数のインターネットの利用者に対して自動送信できるようにしていた。

 栃木県警のサイバーパトロールにより、無職Bによる違法なアップロードが発見され、捜査が進められていた。

■告訴会社
       株式会社ネクストン
       株式会社エイ・ワン・シー

■鑑定実施・捜査協力・告訴協力
 一般社団法人コンピュータソフトウェア倫理機構 事務局業務部
2016/02/26
Shareでゲーム等をアップロードした会社員を送致 (青森県)
宮城県警察本部生活環境課と築館警察署は、平成28年2月19日までに、ファイル共有ソフトを使い、ゲームソフトなどを違法配信していた青森県在住の会社員A(男性・38歳)を、著作権法違反(公衆送信権の侵害)と、わいせつ電磁的記録媒体陳列の疑いで仙台地方検察庁に送致した。

 この会社員Aは、ファイル共有ソフト「Share」(シェア)を使い、当機構加盟会社のゲーム作品を含む多数のファイルを、著作権者の許可を得ずに無断でアップロードし、不特定多数のインターネットの利用者に対して自動送信できるようにしていた。

 宮城県警のサイバーパトロールにより、会社員Aによる違法なアップロードが発見され、捜査が進められていた。なお、アップロードしていたファイルのなかには、アダルトビデオやわいせつな動画も含まれていた。

■告訴会社
       株式会社エルフ
       株式会社ナイトウインド

■鑑定実施・捜査協力・告訴協力
 一般社団法人コンピュータソフトウェア倫理機構 事務局業務部
2016/02/26
ファイル共有ソフトを使用した著作権法違反事件全国一斉集中取締りの実施について
警察庁から平成28年2月19日付けで発表された広報資料、ならびに関係捜査機関から入った情報によると、全国の29府県警察は、ファイル共有ソフト等を使用した、アニメ、ゲーム、映画、音楽、ビジネスソフトなどの違法アップロードに関する著作権法違反事件について、平成28年2月16日から18日までの間に一斉集中取締りを実施し、全国で93か所を捜索、44人を検挙(平成28年2月19日現在)しました。

-----------------------------------------------------------------------
[ 警察庁の広報資料より ]

■ファイル共有ソフト等を使用した著作権法違反事件の一斉集中取締りの実施について

 2月16日から18日までの3日間、ファイル共有ソフト等を使用した著作権法違反事件について一斉集中取締りを実施しました。
1 実施警察       29府県警察
2 適用法令       著作権法(公衆送信権侵害等)違反
3 著作物コンテンツ   アニメ、漫画、楽曲、映画等
4 逮捕人員及び捜索箇所 検挙人員 44人 捜索箇所 93か所

〜インターネットを利用される皆様へ〜

 著作権者に無断で、音楽、映画、アニメ、ゲームソフトなどの著作物をファイル共有ソフトの利用者が自由にダウンロードできる状態にする行為は、著作権法違反になります。 また、有償著作物等(※)をダウンロードする行為も著作権法違反となります。
 インターネットは、適法・適正に利用しましょう。

※ 有償著作物等:録音され、又は録画された著作物又は実演等であって、有償で公衆に提供され、又は提示されているもの。

【主な関係法令】
著作権法第23条第1項(公衆送信権侵害) 同法119条第1項
(10年以下の懲役、1,000万円以下の罰金(併科))
著作権法第30条第1項(私的使用のための複製) 同法119条第3項
(2年以下の懲役、200万円以下の罰金(併科))
-----------------------------------------------------------------------

 著作権法違反事件の一斉集中取締りの結果、当機構と加盟会社が関連する事件と概要については、宮城県警、栃木県警による摘発2件となりました。

 当機構では、今後も、関係捜査機関ならびに加盟会社様と緊密に連携を取りつつ、著作権侵害事案に取り組み、加盟会社様の著作権や知的財産に関する保護と啓発の活動を進めてまいります。
2015/02/27
アニメビデオを違法公開、放送局の派遣社員を逮捕 (宮崎県)
 宮崎県警察本部生活環境課と宮崎北警察署は、ファイル共有ソフトを使い、アニメビデオ作品などを違法配信していた、宮崎県在住、放送局の派遣社員B(男性・38歳)を、著作権法違反(公衆送信権の侵害)疑いで逮捕し、平成27年2月20日に公表した。

 この派遣社員Bは、ファイル共有ソフト「PerfectDark」(パーフェクトダーク)を使い、当機構加盟会社のアニメビデオ作品を含む多数のファイルを、著作権者の許可を得ずに無断でアップロードし、不特定多数のインターネットの利用者に対して自動送信できるようにしていた。

 宮崎県警のサイバーパトロールにより、派遣社員Bによる違法なアップロードが発見され、捜査が進められていた。

■告訴会社  株式会社エイ・ワン・シー
■鑑定実施者・捜査協力
 一般社団法人コンピュータソフトウェア倫理機構 事務局業務部


/_/_/【事務局トピック】『ファイル共有ソフトを使った代償は、極めて大きい』_/_/_/

 今回の全国の捜査機関による、『ファイル共有ソフト等を使用した著作権法違反事件に関する一斉集中取締り』では、検挙者40人のうち、当機構、加盟会社様に関係する事案が2件あり、そのうち検挙された1名は、放送局に勤める派遣社員であった。本来、誰よりも著作権について厳しい意識や見解を持つべき、「放送・メディアに携わる者」が摘発を受けたことは、非常に残念でなりません。

 こうした『ファイル共有ソフト等を使用した著作権法違反事件に関する一斉集中取締り』は、今回で6回目となり、今後も継続されていくことが予想されます。ファイル共有ソフトは使用者の匿名性が保たれているわけではありません。

 安易にファイル共有ソフトの使用を続けることは、著作権法違反に繋がります。欲しいものが無料で手に入ったり、他の利用者から賞賛を得る等、一時的な満足を得たとしても、罪を犯した場合は、支払う代償が大きくなるのです。

ページ上部に戻る